キャンプ場のタイプには

元気にアウトドア

キャンプ場のタイプには

キャンプ場と言えば、テントを設営してそこで宿泊するといったタイプのものでしょうが、大きく分けるとふたつのタイプになっているようです。
フリーサイト方式と区画サイト方式です。

フリーサイトは自由に車を止めて、好きな場所を選んでテントを張ることができるタイプのキャンプ場です。
利用する人が少なければ早い者勝ちで良い場所が確保できます。
ただ、車を専用駐車場に置く必要がある場合もあり、荷物を持って移動する距離が長く不便さを感じるところもあります。

区画サイトは、管理側によって最初からテントを設営する区画を指定され、そこでキャンピングするタイプのキャンプ場です。
プライベートが確保できるように区画されていますから、予約さえしておけば確実にキャンピングできます。

キャンプ場のタイプもそれぞれで、あらかじめキャンプ場の施設を確認しておくことが大切です。
火を使う場所が限られているのか、トイレやシャワーの施設があるのか、近くに何か特別な遊びができるところがあるかなど、事前の確認を欠かさずにしましょう。

キャンプ場の選び方について

レジャーで出かける際に泊まりがけでキャンプ場に出かけるという方も多いことでしょう。
選ぶ際にはそれぞれの好みのロケーションに応じたキャンプ場を選ぶ必要があります。
まず選び方としては海が好きな場合には海水浴場でキャンプが可能な場所を選んでみるとよいでしょう。
海のキャンプならば雄大な海原の近くでリフレッシュすることができますので老若男女問わず楽しむことができます。
次に自然とふれあいたいという場合には山や川の近くをチョイスしてみるとよいでしょう。
山でキャンプできる場所の場合には雄大な草原や野原がキャンプサイトとなっている場合が多く間近に自然を感じることができます。
また川の近くの場合には上流もしくは下流である場合がほとんどですから静かな川のせせらぎを聞きながらキャンプを楽しむことが可能です。
これらの場所では通常通りテントを自分で設営して楽しむ場所や常設テントを利用する場合にコテージやバンガローなどを利用できる場所もありますので予算に応じて選ぶようにしましょう。
テントサイトを借りる場合に無料の場所や有料の場所がありますからキャンプ地を管理している自治体もしくは管理者に問い合わせるようにしましょう。
キャンプ場の選び方は一緒に行くメンバーと話し合いをして行ってみたい場所を事前に決める必要がありますので出かける際にはまずメンバーで話し合いをしてから海や川に山などのロケーションを選択するとよいでしょう。

recommend

かわいいガーデニング雑貨
http://www.rakuten.co.jp/zakka-chiffon/
羽田空港近くの駐車場
http://www.whiteparking.com
ピクチャーレールの販売
http://picturerail.jp/
泥汚れ 洗剤
http://www.rakuten.co.jp/auc-plumeria/
ハワイアンジュエリーの販売
http://www.laki-s.jp